2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|
2012|04|

2005-05-25 [長年日記]

_ 世の女性が皆ゲーム脳になればパンツ見放題

『ゲーム脳の恐怖』を読み始めた。トンデモ系だという先入観をなるべく無くして読もう、という心構えで(そう思った時点で負けか?)早速前書きから…ゲームショーに行ってコスプレイヤーや小僧を異様と感じるのは問題ないというか至って普通の感覚だと思うのだが、この本の導入部としては斬新だなあ…この段階で既に「自分の嫌いな物を叩こう」という著者の姿勢を感じてしまって、もう、参った。

ここはひとつ肯定派の意見でも読んでリフレッシュ! ということでWikipediaで支持側に分類されている森昭雄インタビューを見てみることに。NHK出版といえば出版元、支持して当たり前だしね、だけどいきなり。

それにしても『ゲーム脳の恐怖』は本当に怖い本である。

支持しているような気がしないのは何故だろう。「本当に怖い本」というのは批判する方のセリフだよ!