2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|
2012|04|

2005-03-03 [長年日記]

_ 大槻ケンヂと猫と吉崎観音とフランネルシャツと私

近所の図書館でCDを見つけて、以来最近、筋肉少女帯を聴いていたりする。持っていたもの、借りてきたもの。

『護衛神エイト』キャラクターの登場回数を数えた身としては、『最後の聖戦』あたりを聴くべきかもしれない。が、どうせなら知ってる曲を聴きたいよね、ってなもんで、それ以前のベストアルバム等を少々。そんなだから、いつか「吉崎観音と筋肉少女帯」って感じのテーマで何かしら垂れ流そうかしらん、と思っていて何年も経ってしまうんだ?

「これでいいのだ」を聴いて伊集院の“これで いいーのだー”を懐かしがったり。「暴いておやりよドルバッキー」を聴いて『異星人からのメッセージ』を読みたくなったり、でもこんな本を必死こいて探すのも嫌だよなあでも読みたいけどなあでも探すのは嫌だなあ、と思ったりしたり。

ところで、mp3へのエンコードって早いなあ、今。午後のこ〜だを使ってるせいもあるかもしれないけれど、それにしても早すぎて、テクノロジーの進歩を感じずにいられないけれど、何もこんなことで感じなくてもいいんだけれど。

ていうかアレだ、橘高文彦加入前のCDの、このプレミア価格はいったい何なんだ。ちゃんと持っておけば、一晩の飲み代にして余るほどの小遣いになったなあ。