2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|
2012|04|

2004-05-12 [長年日記]

_ 貴ノ浪に続いて濱ノ嶋も引退

 まず、貴ノ浪。ズブ差しされて相手十分の体勢にならないと自分十分じゃない、っていう訳わかんなさがたまらなく素敵だった。普通の相撲も取れれば横綱になれかもしれないよなあ。優勝した時は前への圧力もあって、普通に一歩近づいていたし。まあ、でも、普通には程遠かったけど。

 変則相撲で楽しませてくれてありがとう貴ノ浪。愛称はニョナミ。言い難い。

 濱ノ嶋。相撲っぷりも巧さがあってなかなかよかったが、何より、その面構え・体つきといったビジュアル面において相撲取りらしくて好きだった。また十両に上がってくるんじゃないか、とちょっぴり期待していたのに残念。

 これからは糖尿病と戦え濱ノ嶋。師匠は『そんな女のひとりごと』などでお馴染みの元大関増位山。うわ、『そんな夕子にほれました』って130万枚も売れたのカヨッ。