2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|
2012|04|

2004-02-16 『ゼブラーマン』見たくなってきた [長年日記]

_ 泪橋交差点

 先週・今週と『あしたのジョー』劇場版2作品がアニマックスで放送されていましたが、あまりの高速展開ぶりの為、いやでも『ドラゴンボールZ』のような牛歩戦術よりずっといいのかもしれませんが、ともかく、作品にのめり込めなかったので見たり見なかったり。恐らく半分も見ていないと思いますが、それでもイチローを遥かに凌ぐ高打率なので許してください。

 そんな感じでいつかのクロマティくらいの確率で見ていた訳ですが、原作と違う部分が思った以上にあるものですねぇ。特に印象が強かったのは、ハリマオ戦の後パンチドランカーになったカーロス・リベラのパンチを見て放ったジョーのセリフ。原作ではお馴染み「あの閃光のようだったジャブがこんなになっちまって」ですが、アニメでは「稲妻のようだったジャブが」とよくわからない変更がされていました。

 ところで『魔法少女プリティサミー』か何かで上記のシーンのパロディがありましたが、その際に使われていたセリフは原作のものでしたどうでもいい。

_ ベビーブーム

 村田和美とか宮村優子とか。