2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|
2012|04|

2005-07-10

_ 新しき旗

今週も痛快ギャグアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を見たよー。ドッキドキ!

普段オープニング・エンディングはすっ飛ばして見てるので、変わったといっても歌以外にどこが違うとか細かいことはわからないけど、ドクター中松のトイレみたいな黄金聖闘士は今回からだよね? 放蕩オペラハウスではスペリオルドラゴンと言われ、夜鯖の無職な日々では黄金勇者ゴルドランと言われ、とにかくカチョイー。あと、今後踏み台にされそうな3人組の中では右の人が面白くなりそうな予感。

本編の方では、まずは何といっても大活躍のオクレ兄さん。何事も無かったように登場する兄さん。そしてあっという間にやられる兄さん。死んだり生き返ったり死んだり、何なんだこのウルフマンみたいなキャラは。お種さんって、原作はゆでたまご?

今回はルナマリアもよかった! 自分の思いを隠してシンを慰めたかと思えば、サイコガンダムみたいなやつに立ち向かうっていうか立ち向かえちゃうし、可愛いやらかっこいいやら。

黒猫兄さんも地味に面白かったね。ついこの間はアワワワワってな感じで慌てていたのに、今ではすっかり落ち着いてちゃんと黒猫を撫でていて、その黒猫イズムに敬服。後半では黒猫を連れずに移動していたけど、次に登場する時には、やっぱりちゃんと黒猫を撫でていて欲しいね。